Microsoft、「OneDrive」のプラン変更に関する詳細(日本語版)を発表

先日、米Microsoftがクラウドストレージサービス「OneDrive」のプラン内容の変更を発表しましたが、本日、日本マイクロソフトからも同様の内容が正式に発表されました。

onedrive
基本的には先日に発表された内容と同じで、変更内容は以下の通り。

・office 365 Solo、Office Premium 製品をご利用いただいている一部のお客様への無制限ストレージの提供を終了します。今後これらの製品には1TBのOneDriveストレージが付属します

・新規のお客様には100GBおよび200GBの有料プランをお選びいただくことができなくなります。これに代わり、2016年早々に月1.99ドルの50GBプランの提供が開始されます。

・無料の OneDriveストレージ容量を15GBから5GBに変更します。現行および新規のすべてのユーザーの皆様が対象です。また、15GBのカメラ ロール ストレージの特典も終了します。これらの変更は、2016年の早い段階から順次適用されます。

また、可能な限り簡単に移行できるよう実施される対応は下記の通り。

・現在 1TBを超えるストレージ容量を使用している Office 365の個人ユーザーのお客様には、今回の変更に関する通知を送信します。なお、少なくとも12か月間は現在のストレージ容量をご利用いただけます。

・現在 5GB以上の無料ストレージを使用しているお客様は、2016年の早い段階に今回の変更が適用されてから少なくとも12か月間はすべてのファイルに引き続きアクセスできます。

・OneDrive 単体のストレージ プラン (100GB または 200GB のプランなど) を現在ご利用のお客様には今回の変更による影響はありません。


なお、新たに用意される50GB/1.99ドルのプランの日本での価格はまだ未定とのこと。

詳細は下記リンク先をご覧下さい。

生産性の向上とスムーズな共同作業の実現に向け、OneDrive ストレージ プランを変更
OneDrive の変更に関してよく寄せられる質問(FAQ)

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

Twitter で