「iPhone 6s/6s Plus」の「A9」プロセッサの製造元の違いによる新たなバッテリーテストの結果が公開される

先日より「iPhone 6s/6s Plus」の「A9」プロセッサの製造元の違いにより、バッテリー性能に少し差があることが話題となっていますが、本日、Ars technicaが、「iPhone 6s/6s Plus」の「A9」プロセッサの製造元の違いによるバッテリー性能などを調査したベンチマークテスト結果を公開しました。

a9chip
テストはSIMカードを抜き、同じ設定にしたSamsung製「A9」プロセッサとTSMC製「A9」プロセッサを搭載した2台の「iPhone 6s」で行われ、ウェブブラウジング(Wi-Fi)や3D搭載グラフィック性能を測定する「WebGL」、お馴染みの「Geekbench 3」、グラフィック性能を測定する「GFXBench」などを実施し、バッテリー駆動時間を調べるといった内容となっています。

結果は下記グラフの通り、「Geekbench 3」のバッテリーテストはこれまでのテスト結果と同様に大きな差が出ているものの、ウェブブラウジング(Wi-Fi)と「GFXBench」は2〜3%ほどとAppleの公式見解と同じような数値になっており、「WebGL」に関しては逆にSamsung製の方が少し良い結果になっています。

Samsung-vs-TSMC-iPhone-6S.001
これらの事からArs technicaは、特に高負荷な作業をしない場合は体感できるほどの差は無いと述べています。







この記事が気に入ったら
いいね!しよう

Twitter で