「iOS 9」の「Safari」、リロードボタンの長押しで広告ブロック機能を一時的に無効化してリロードする事が可能

ここ数日で何度かお伝えしている通り、「iOS 9」にはコンテンツブロック機能が搭載され、「Safari」に広告をブロックする機能を追加する事が可能になるかもしれないとみられていますが、「iOS 9」の「Safari」は広告ブロック機能を追加し有効化した後でも、リロードボタンを長押しする事で広告ブロック機能を一時的に使用せずにリロードする事が可能となっている事が分かりました。

static1.squarespace
上記スクリーンショットの通り、「iOS 9」の「Safari」ではリロードボタンを長押しすると、従来の「デスクトップサイトを表示」のボタンに加え、「コンテンツブロッカーなしでリロードする」のボタンが表示されるようになっており、これをタップする事で広告ブロック機能をオンにしている場合でも、一時的に同機能を無効化してサイトを表示させる事が可能です。

なお、Appleがコンテンツブロック機能を「iOS 9」の正式版でも引き続き搭載するのかはまだ分かりませんが、広告ブロック機能は標準で搭載されている訳ではなく、「Safari」の拡張機能として別途追加する必要があり、アプリ内広告は対象外で、あくまでも「Safari」内においてのみの動作となります。

[via FINER THINGS IN TECH


この記事が気に入ったら
いいね!しよう

Twitter で