「iPhone 6s」の「A9」プロセッサの動作周波数は1.85GHzで、引き続きデュアルコアか

WCCF Techなどによると、中国のWeibo(1/2)にて、「iPhone 6s」に搭載される「A9」プロセッサのスペックやベンチマークスコアに関する情報が投稿されている事が分かりました。

apple_a9
その情報によると、「iPhone 6s」に搭載される「A9」プロセッサのGeekBenchのベンチマークスコアは、シングルコアで2090、マルチコアで3569になり、3Dグラフィックス性能のベンチマーク「GFXBench」の結果は、MANHATTANのオフスクリーンで30.3、T-REXのオフスクリーンで66となっているそうです。

この事から、「A9」プロセッサは、「iPhone 6」に搭載されている「A8」プロセッサに比べ、CPUで28.5%、GPUで60%の性能アップになっているとのこと。

また、「iPhone 6s Plus」用なのか、次期「iPad」シリーズ用なのかは不明なものの、「A9X」プロセッサのGeekBenchのベンチマークスコアも報じられており、シングルコアで2109、マルチコアで5101となっています。

これらの情報の出所などが不明な為、どこまでが本当なのかは不明ですが、今回の情報と「iPhone 6」及び「iPad Air 2」の各ベンチマークスコアをまとめたのが下記の表になり、「A9」プロセッサのマルチコアのスコアがトリプルコアの「A8X」プロセッサよりも低い事を考えると、「A9」プロセッサはデュアルコアのままなのかもしれません。

 iPhone 6s(A9)A9XiPhone 6(A8)iPad Air 2(A8X)
動作周波数(コア数)1.85GHz(2コア?)1.4GHz(2コア)1.5GHz(3コア)
RAM1〜2GB(?)1GB2GB
GeekBench(シングルコア)2090210916301812
GeekBench(マルチコア)3569510129214477
GFXBench
(MANHATTAN)
30.317.832.4
GFXBench
(T-REX)
6642.370.4
なお、「A9」プロセッサについてはこれまでにも様々な情報が出てきており、下記の関連エントリもご覧下さい。


この記事が気に入ったら
いいね!しよう

Twitter で