台湾系サプライチェーン各社、「iPhone 6s」シリーズ向け部品の量産を来月より開始へ

台湾の経済日報が、「iPhone 6s」に関する台湾系サプライチェーンの製造スケジュールについて報じており、筐体のFoxconn TechnologyとCatcher、レンズのLargan、バックライトモジュールのRadiantの各社は来月より量産と製品出荷を開始する予定である事が分かりました。

th_iphone6-select-2014_GEO_JP
また、最終的な組立を請け負うFoxconnとPegatronの2社は今年8月中〜下旬にかけて量産体制に入るそうです。

また、別記事によると、タッチパネルメーカーの台湾TPKと台湾GISの2社が、「iPhone 6s」シリーズに搭載する感圧タッチセンサー「Force Touch」の出荷を来月から開始する模様。

[via EMSOne 1/2

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

Twitter で