Microsoft、新ブラウザ「Microsoft Edge」の新たなベンチマークテスト結果を公開

Microsoftが、「Windows 10」向けの新ブラウザ「Microsoft Edge」の新たなベンチマークテスト結果を公開しました。

build110
ベンチマークテストは、JavaScriptのパフォーマンスを測定できるGoogleのベンチマークスイート「Octane 2.0」と、同じくJavaScriptの処理速度を測るAppleのベンチマーク「JetStream」の2つで実施されており、前回のベンチマーク結果と同じく「Chrome Canary」と「Firefox Alpha」の最新版と比較されています。

結果も前回と同じく「Microsoft Edge」が他のブラウザを上回る結果となっており、「Internet Explorer 11」と比較して、「Octane 2.0」で1.6倍、「JetStream」で2.25倍となっています。

fig6
fig7

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

Twitter で