Appleが開発中の「Apple Watch」の新機能に関する情報が流出か

本日、9 to 5 Macが、実績のある情報筋から得たという、Appleが現在開発中の「Apple Watch」のソフトウェア及びハードウェアのアップデートに関する情報を伝えています。

Apple-Watch-Sport

Apple Watch

まず、Appleは「Find my Watch(Apple Watchを探す)」と呼ばれる機能を開発中で、「Find my iPhone(iPhoneを探す)」と同じく紛失した「Apple Watch」の位置情報を追跡したり、リモートロックやデータの消去が可能となっており、他にも「iPhone」を置き忘れた際に「Apple Watch」に通知してくれる「Smart Leashing」という機能も検討中とのこと。

ただ、「Smart Leashing」機能は別途ワイヤレスチップを必要とするかもしれない為、もしかしたら次期「Apple Watch」から搭載される可能性があるそうです。

次に、ヘルスケア及びフィットネス機能として、心拍センサーで不整脈を検知すると通知する機能を試しているものの、政府の規制により搭載されない可能性があり、Appleは近い将来に睡眠と血圧のトラッキング機能を、長期的にグルコース・血糖センサーを追加する事を計画しているそうです。

更に、サードパーティ製の文字盤機能「Complications」を開発しており、「Complications」は文字盤に表示出来る小さなウィジェットのようなもので、Appleは未読のツイートやメンションの数などを表示出来る「Twitter Complications」をテストしているようです。

Apple TV

新型「Apple TV」に関する情報も伝えており、新型「Apple TV」の内部コードネームは「J34」、OSは「MonarchTide」と呼ばれており、「Siri」の統合やサードパーティ製アプリのサポートなどが特徴で、6月に発表されるとのこと。

また、「MuirTrail」と呼ばれている「Xcode」の新バージョンには、「Apple TV」向けサードパーティ製アプリの開発キットである「TVKit」が含まれているそうです。

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

Twitter で