Apple、「iPad Pro」には銀ナノワイヤを使ったタッチパネルを搭載か

韓国のETNewsが、Appleはタッチパネルに銀ナノワイヤー(AgNW)透明導電フィルムを採用する事により、タッチ感度を高め、更にコストを削減する計画のようだと報じています。

ipadair2
Appleは、LG Display、Samsung Display、ジャパンディスプレイなどに対し、量産に向けた検証の為に銀ナノワイヤーを採用したタッチパネルのサンプルを要求しており、一部の企業は既にサンプルを提出済みとのこと。

銀ナノワイヤー透明導電フィルムは、従来のITO(酸化インジウムスズ)を使った透明導電フィルムに比べ、透明性、導電性、柔軟性、伸縮性に優れており、はるかに低いコスト性も特徴となっています。

なお、この新しい技術を採用したタッチパネルは、来年に発売される”大画面iPad”に最初に搭載されるものとみられています。

12インチ版「iPad」こと「iPad Pro」(仮称)は今秋に発売予定と噂されている為、上記の話が本当であれば、「iPad Pro」の発売は今年ではなく来年になる可能性と、「iPad Pro」は噂通り今年発売され、同技術は来年発売の第2世代モデルから採用される可能性の2通りが予想出来ます。

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

Twitter で