Appleのティム・クックCEO、米TIME誌の「最も影響力のある100人」に選出される

本日、米TIME誌が、「The 100 Most Influential People」(最も影響力のある100人)の2015年版を公開し、Appleのティム・クックCEOが選出された事が分かりました。

100-time-2015
クック氏は2012年にも選出されており、テック系では他にも中国の小米科技(Xiaomi)のレイ・ジュンCEOやMicrosoftのサトヤ・ナデラCEOが選出されています。

また、日本人では唯一、整理整頓に関する専門家である近藤麻理恵さん(ウィキペディア)が選出されています。

 ・The 100 Most Influential People


[via 9 to 5 Mac

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

Twitter で