「Windows 10」は「Windows 7/8.1」と「Windows Phone 8.1」から無料でアップデート可能に ー 新ブラウザ「Spartan」や「Microsoft HoloLens」なども発表

本日、米Microsoftが発表イベントを開催し、「Windows 10」はPC・スマートフォン・タブレットなどすべてのデバイス間で動作し、「Windows 7/8.1」や「Windows Phone 8.1」からリリース後1年間は無料でアップグレード可能である事が発表されました。

microsoft-windows-10-live-verge-_0221
「Windows 10」は音声アシスタント機能の「Cortana」搭載、スタートメニューの復活、通知センターなどが特徴で、予てから噂のあった新ブラウザ「Spartan」も搭載しています。

「Spartan」は、「Windows 10」向けのユニバーサルアプリとして提供され、PCでもタブレットでも、スマートフォンでも動作し、手書きでメモを書き込んだり、SNSに簡単に共有したりする事が出来るようです。

win10_windows_spartan_web
また、「Windows 10」では「Xbox」アプリが搭載され、ゲーム機と同等のXbox Liveの機能が実装されており、PCでもプレイしたゲームを録画できる「Game DVR」機能が利用可能となっています。

更に、「Xbox One」とPCのクロスプラットフォームでのマルチプレイや「Windows 10」搭載PCやタブレットにストリーミングしてプレイする事も可能で、ユニバーサルアプリ化が行われ、「Windows 10」向けのアプリが「Xbox One」でも動作するようになります。

他にも、視界に3Dの仮想オブジェクトを重ねて表示する事が可能な拡張現実ヘッドマウントディスプレイである「Microsoft HoloLens」も発表しました。


なお、「Windows 10」の新しいプレビュー版は、パソコン向けは来週、モバイル向けは2月にリリース予定で、25カ国語のバージョンが利用可能になるとのこと。

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

Twitter で

「iPhone 7」「iPhone 7 Plus」の予約はこちら⇩

screativeref-1100l7121 2623622 2645522 bnr_au_200_200