「iPhone 6/6 Plus」のiSightカメラやNFC、磁石や金属が原因で誤作動を起こす事が明らかに

9 to 5 Macによると、磁石を内蔵していたり、金属製のアクセサリを「iPhone 6/6 Plus」で利用すると、「iSight」カメラが誤作動を起こしたり、NFCのパフォーマンスに影響が出る事が分かりました。
cell-phone-lenses-4b3c.0000001415406691 磁石による誤作動が良く分かる映像が下記動画で、「iPhone 6 Plus」では磁石で取り付けるタイプのカメラ用レンズを装着すると、カメラのピントが合わなくなり、外すとまた元に戻るようです。
(下記映像参照)


なお、AppleのMFiライセンスプログラムに精通した情報筋によると、同社はアクセサリメーカーに対し、「iPhone 6 Plus」のカメラの誤作動回避に加え、「iPhone 6/6 Plus」のNFCのパフォーマンスにも影響を与える可能性がある事から、アクセサリに金属や磁石製の部品を使用することを避けるよう通達しているそうです。

[via GIGAZINE

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

Twitter で

「iPhone 7」「iPhone 7 Plus」の予約はこちら⇩

screativeref-1100l7121 2623622 2645522 bnr_au_200_200