「OS X」のLaunchpadで特定のアプリを削除するとシステムフォルダの中身まで消えてしまうバグが見つかる

「OS X」のLaunchpadから特定のアプリを削除する際に、通常では削除されないシステムフォルダの中身が誤って消えてしまうバグが報告されている事が分かりました。
launchpad2 そのバグとは、アプリに関する重要な情報が多数保存されている「~/Library/Application Support」フォルダの中身が全て削除されてしまうもので、現在のところ「Coffitivity」というアプリをLaunchpadで削除するとこの不具合が発生する事が確認されており、アプリ内のInfo.plist内にあるCFBundleDisplayNameの項目が空白になっている事が要因なのではないかとみられています。

CFBundleDisplayNameの項目が空白の場合、他のアプリでも同様のバグが発生する可能性があり、今後、Launchpadでアプリを削除する場合は注意が必要です。

[Source:togetter.com, via 卵は世界である

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

Twitter で

「iPhone 7」「iPhone 7 Plus」の予約はこちら⇩

screativeref-1100l7121 2623622 2645522 bnr_au_200_200