Appleのティム・クックCEO、「ゲイであることを誇りに思う」

ブルームバークによると、Appleのティム・クックCEOが、「ゲイであることを誇りに思う」と述べ、自身がゲイである事を初めて公式に明らかにしました。
TimCook-ID1562-51391 同氏はBloomberg Businessweekのインタビューにおいて、「私はゲイであることを誇りに思っている。ゲイであることは、神が私に与えた最高の賜物の一つだと考えている。」と述べ、同氏がゲイではないかとの噂は以前からありましたが、今回初めて公言した事になります。

なお、同氏は、AppleのCEOである自身がゲイである事を明らかにする事により、同じ事で苦しんでいる人々に勇気を与えたり、孤独を感じている人に安楽を与える事が出来るのであれば、自分のプライバシーを犠牲にする価値があると判断し、カミングアウトしたそうです。

[via gori.me

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

Twitter で

「iPhone 7」「iPhone 7 Plus」の予約はこちら⇩

screativeref-1100l7121 2623622 2645522 bnr_au_200_200