「Surface Pro 3」のCore i7モデルの熱問題、一部のバックグラウンドプロセスが原因か

昨日、「Surface Pro 3」のCore i7モデルの排熱に関する問題をお伝えしましたが、Neowinによると、「Surface Pro 3」の熱問題の原因の1つとして、「Windows Installer Module」と「Windows Installer Module Worker」というプロセスが関係しているかもしれない事が分かりました。
screen_shot_2014-08-23_at_10.14.49_pm_story この2つのプロセスはランダムでバックグラウンドで実行されており、これらプロセスが膨大な量のCPU処理能力とRAMを使用する事から、過熱し、ファンが高回転になるようで、これらのプロセスを終了する事で問題が解消されたユーザーもいるとのこと。

Core i7モデルの熱問題は、ハードウェアの設計上の問題でもあると思うのですが、もし気になる方は一度試してみては如何でしょうか。

なお、プロセスの終了はタスクマネージャーにて可能で、これが本当に原因の一つなのであれば、Microsoftはソフトウェアアップデートで修正するものと予想されます。

関連エントリ
「Surface Pro 3」のCore i7モデルの排熱の問題 ー 米国でも一部ユーザーが報告

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

Twitter で

「iPhone 7」「iPhone 7 Plus」の予約はこちら⇩

screativeref-1100l7121 2623622 2645522 bnr_au_200_200