MNPユーザーのスマートフォンネットワーク調査結果、SoftBankユーザーが最も「つながりやすさ」と「速さ」を実感(MMD研究所調べ)

本日、MMD研究所が、2013年10月~2014年6月の期間にMNP(モバイルナンバーポータビリティ)をした高速通信(Xi/4G/LTE)対応スマートフォンを利用しているdocomo、au、SoftBankのユーザー各600人の計1,800人を対象に「MNPユーザーのスマートフォンネットワーク調査」を実施した結果を公開しました。
audocosoflogo 調査内容は、MNPをした時期、MNP前と比べてスマートフォンの”つながりやすさ”や”通信速度”がどうなったか、MNP前と後でのパケ詰まりの発生頻度の3つとなっており、MNPを行った時期については新年度前の3月が最も多い結果となっています。

次に、MNP前と比べてスマートフォンの「つながりやすさ」がどうなったかの調査では、全体で59.4%が「つながりやすさ」を実感しており、キャリア別では、SoftBank利用者が最も高く62.4%、次いでdocomo利用者が60.9%、au利用者が55.3%の順となっています。
201407014_8
また、「通信速度」の調査では、全体で63.2%がMNP後に「通信速度が速い」と実感しており、キャリア別ではSoftBank利用者が最も高く67.3%、次いでdocomo利用者が63.7%、au利用者が58.6%の順になりました。
201407014_7 なお、パケ詰まりの調査結果など、各調査の詳細はこちらをご覧下さい。

[データ元:MMD研究所

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

Twitter で

「iPhone 7」「iPhone 7 Plus」の予約はこちら⇩

screativeref-1100l7121 2623622 2645522 bnr_au_200_200