レビュー:普通の腕時計っぽい見た目のスマートウォッチ「Martian Victory Watch」

一見すると普通の腕時計と思ってしまうくらい、見た目が普通の腕時計っぽいスマートウォッチ「Martian Victory Watch」を1週間ほど試用させて頂いたので、ちょっと紹介したいと思います。
DSC02972-1
まず、開封と本体のデザインですが、パッケージの中身は「Martian Victory Watch」本体と簡単な説明書、充電用のUSBケーブルのみとなっており、本体のデザインは上半分がアナログ時計で、下半分が各種情報を表示する有機ELディスプレイとなっており、ステンレスケースを採用し落ち着いたデザインで、私のようにスーツを着るような仕事でも問題なくつける事が出来るデザインが特徴です。
DSC02954-2
私は「iPhone」と接続させて使用したのですが、接続はBluetoothで、途中で接続が切れる事はなく安定しており、一度設定してしまえば通信範囲内に近づくと自動で再接続されます。

また、本体の有機ELディスプレイには、電話(番号や名前など)やメール(件名など)の着信、現在地の天気、カレンダー、リマインダー、SNS(FacebookとTwitter)の通知を表示可能で、日本語にも対応しており、着信や通知があると本体に内蔵されたバイブレーターが振動し教えてくれるようになっていて、他にもカメラのリモートシャッター機能や「リーシュ」と呼ばれるスマホの置き忘れ防止機能も搭載されています。
DSC02939-2
更に、本体左側面にあるボタンを押す事で「Siri」を遠隔操作で起動でき、時計に内蔵されたマイクとスピーカーを使って「Siri」とやり取りする事が可能ですが、腕時計からの「Siri」の音声が周囲に聞こえる為、使用環境は限られてくると思います。
(音量は変更可能)

良いと思うところ

私は過去にAndroid搭載スマートウォッチの「i’m Watch」を試用した事がありますが、「Martian Victory Watch」は液晶が小さい事から大きな液晶ディスプレイを搭載したスマートウォッチよりもバッテリー駆動時間が長く、数日はもちそうな印象でしたし、リンクさせている「iPhone」もバッテリーの減りが早くなるといった事はなかったです。
(バッテリー駆動時間の公称値は、連続通話は2時間、待ち受けは7日間)

個人的に一番便利だと思ったのは、「Martian Victory Watch」自体が「iPhone」のワイヤレスヘッドセットのように使用出来る為、車の運転中などにハンドルから手を離さずにそのまま会話出来た事でした。

悪いと思うところ

悪い点を挙げるとすると、まずは大きさで、普通の時計っぽいデザインをしているといっても結構大きく、厚み(約15㎜)もあります。

実際につけてみたところ。参考までに筆者の身長は178cm。
DSC02949-2
他には、通知機能は時間差で2回同じ通知を行ってくれるものの、時計に通知された時にリアルタイムで確認しなければ再度表示させる事は出来ない仕様になっており、結局は「iPhone」を見なければならないといった感じです。

ただ、通知ごとにバイブが震えるので、「メールか何か来た!」ってのだけはどんな状況でも分かるので、それだけでも使い勝手は良かったですが…。

「Martian Victory Watch」は、「iPhone」以外に「Android」でも利用可能で、両OS向けに専用アプリがリリースされており、アプリからは各種設定が可能です。
IMG_2857 IMG_2860
「Martian Victory Watch」の価格は34,650円とちょっと高いですが、いくつかのスマートウォッチを試した中でも「Martian Victory Watch」は派手さはないものの、バッテリー駆動時間や各種通知などさりげなく常用出来るスマートウォッチだと思うので、時計っぽいデザインのスマートウォッチが欲しい方は検討しては如何でしょうか。


 ・公式サイト(日本語)
 ・公式サイト(英語)
 ・Amazon.co.jp

関連エントリ

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

Twitter で

「iPhone 7」「iPhone 7 Plus」の予約はこちら⇩

screativeref-1100l7121 2623622 2645522 bnr_au_200_200