レビュー:iPhoneとも連携出来るスマートウォッチ『i’m Watch』(開封編)

発売されてからかなり時間が経つのですが、発売前からずっと気になってたスマートウォッチ『i’m Watch』をEXPANSYS Japanさんより貸して頂いたので、ちょっと簡単なレビューを…。

『i’m Watch』は1.54インチのカラーディスプレイを搭載したAndroid搭載のスマートウォッチで、iPhoneなどと同じくフリックやタップなどタッチ操作で操作出来ます。

また、iPhoneやAndroid端末などとBluetoothで連携可能で、電話の応答やTwitterやFacebookの通知に対応しており、今回は開封から本体の大きさ比較などをお伝えしたいと思います。

↑外箱の写真

↑側面にはMade In Italy(イタリア製)の文字

↑開けてみた感じ

↑同梱されている物は、本体、説明書、充電・データ転送用USBケーブル

↑本体側面(右):スピーカー用の穴と唯一のボタンである「On/Offボタン」がある

↑本体側面(左):スピーカー用の穴とイヤフォンジャック(充電ケーブルもここに挿す)

↑本体全景

↑腕に付けたところ(思っていたよりも結構ゴツイ)

↑iPhone 5との大きさ比較

↑iPod nano (第6世代)との大きさ比較


以上ですが、思っていたより大きく、高級感が想像していた程無い(カラーの問題もあるかもしれませんが…)のと、iPhone 5とBluetoothで連携しているとバッテリーが一日もたないのがちょっと痛いところです。

次回ではソフトウェア面もレポートさせて頂こうと思っていますが、日本語表記も問題なく、iPhone 5でテザリングが出来るようになった事で『i’m Watch』本来の全機能が出来るようになり、年末の間に色々と試してみますので乞うご期待。

 ・I’m Watch 公式サイト
 ・EXPANSYS Japan