「Google マップ」に殺人事件の現場が写っていた事が明らかに

時折、写してはいけないものが写ってしまっている事がある「Google マップ」ですが、The Vergeによると、「Google マップ」の衛星写真に殺人事件の現場が写っている事が明らかになりました。


事件は2009年にカリフォルニア州リッチモンドで発生したもので、14歳のKevin Barrera君の遺体が写っており、Kevin君の父親は写真に写っているのが息子と認め、Googleに対し写真を削除するよう求める予定とのこと。

なお、事件はまだ未解決だそうで、問題の写真はThe Vergeに掲載されています。

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

Twitter で

「iPhone 7」「iPhone 7 Plus」の予約はこちら⇩

screativeref-1100l7121 2623622 2645522 bnr_au_200_200