オーストラリアでの「iPad」発火騒動、発火したのは「iPad Air」ではなく旧モデルだった事が明らかに

先日、オーストラリアのボーダフォンストアで「iPad Air」が爆発炎上するといった騒動がありましたが、発火した「iPad」は当初伝えられた「iPad Air」ではなく旧モデルだった事が明らかになりました。

(image source:Daily Mall)

関係者は発火した「iPad」が何世代のモデルかは明確にはしていないものの、Retinaディスプレイを搭載した旧モデルと明らかにしたそうです。

なお、Appleは原因を調査しており、発火したのは「iPad (第3世代)」か「iPad (第4世代)」のどちらかの模様。

[via Mashable

【関連エントリ】
 ・オーストラリアで「iPad Air」が爆発する事件が発生

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

Twitter で

「iPhone 7」「iPhone 7 Plus」の予約はこちら⇩

screativeref-1100l7121 2623622 2645522 bnr_au_200_200