「iOS 7」を搭載した「iPhone 5/5c」の一部ユーザーがバッテリーの減りが異常に早くなる問題を報告

GSMArenaによると、「iOS 7」を搭載した「iPhone 5」と「iPhone 5c」の一部のユーザーからバッテリーの減りが異常に早くなる問題が報告されているようです。


問題を報告するあるユーザーによると、寝る前のバッテリー残量は70%以上だったものの、朝起きるとバッテリーが0%になっていたそうで、他の例ではバッテリー残量が10%まで減っていた「iPhone 5」は本体が非常に熱くなっていたものの、再起動する事で問題が解決したというユーザーもいる事からバックグラウンドプロセスに何らかのバグがあるのではないかとみられています。

なお、GSMArenaが調査した限りでは「iPhone 5s」では同様の問題は報告されていないとのこと。

「iOS」のアップデート時などに同様の問題が良く報告されますが、私の環境(iPhone 5/iOS 7.0)でもメール受信時に通知画面のままディスプレイがオフにならずにバッテリーを異常に消耗するといった不具合があったものの復元する事で解決した例もあるので、もしバッテリーの異常な減り(何もしてなくても大幅に減っている場合など)を体験されている方は一度復元してみて、それでも問題がある場合は一度Appleへ相談してみるのが良いと思います。

追 記

先日リリースされた「iOS 7.0.2」を適用すると直ったり、適用すると発生したとの報告もあり。

(Thanks! takさん & tbさん)

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

Twitter で

「iPhone 7」「iPhone 7 Plus」の予約はこちら⇩

screativeref-1100l7121 2623622 2645522 bnr_au_200_200