「iPhone 5s」の「A7」プロセッサはSamsung製である事が判明

本日、Chipworksが、「iPhone 5s」に搭載されている「A7」プロセッサに関する調査結果を公開しており、「A7」プロセッサはSamsung製で、「M7」コプロセッサはNXP Semiconductors製である事が分かりました。


「A7」プロセッサはARMv8アーキテクチャを採用し、28nm HKMGプロセスで生産されており、ダイのサイズは「A6」の97㎟に対し、「A7」は102㎟と大きくなっています。

また、「M7」コプロセッサはCortex-M3ベースのマイクロコントローラー「LPC1800」をベースにしたものだそうで、iSightカメラのセンサーは従来と同じSony製とのこと。

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

Twitter で

「iPhone 7」「iPhone 7 Plus」の予約はこちら⇩

screativeref-1100l7121 2623622 2645522 bnr_au_200_200