Microsoftは「Surface Phone」を、NokiaはAndroid端末をテストしていた事が明らかに

以前よりMicrosoftは独自ブランドのスマートフォン「Surface Phone」(仮称)を開発していると噂されていますが、The Vergeによると、同社の計画に詳しい関係者が、同社が「Surface Phone」の複数の試作機を造っていた事を明らかにしたそうです。


「Surface Phone」の開発プロジェクトは現Windows Phone担当コーポレート バイス プレジデントのテリー・マイヤーソン氏が担当していたと言われているそうで、NokiaがWindows Phone端末で成功しなかった場合の”プランB”として考えられていたものとみられています。

また、今となってはWindows Phone端末と言えばNokiaと言っても良いくらいNokiaは様々なWindows Phone端末をリリースしていますが、今回、そのNokiaがAndroid端末を開発していた事も明らかになったそうで、NokiaにはローエンドのAndroid端末を開発するプロジェクトがあり2014年に立ち上げられる予定だったそうですが、Microsoftによる買収によってプロジェクトに取り組んでいた従業員がその後どうなったのかは不明とのこと。

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

Twitter で

「iPhone 7」「iPhone 7 Plus」の予約はこちら⇩

screativeref-1100l7121 2623622 2645522 bnr_au_200_200