SONYのレンズカメラ「DSC-QX10」と「DSC-QX100」の取扱説明書の一部情報が流出

先日、SONYが、iPhoneやAndroid端末に取り付け可能なレンズカメラ「DSC-QX10」と「DSC-QX100」を発売する予定である事が分かりましたが、SonyAlphaRumorsによると、「DSC-QX10」と「DSC-QX100」のマニュアル(取扱説明書)の一部が明らかになったそうです。

(image source:SonyAlphaRumors)

そのマニュアルの一部が下記画像で、両モデルの各部名称を案内する内容となっており、各番号の名称は下記の通り。

1,電源ボタン
2,マイク
3,表示パネル(バッテリー残量やカードの有無を表示)
4,ベルト用フック
5,三脚ネジ穴
6,リングコントロール(DSC – QX100)
7,インジケーターランプ(電源のオン/オフや充電中などを表示)
8,ズームレバー
9,シャッターボタン
10,マルチファンクションジャック
11,リセットボタン


また、各モデルのサイズ及び重さなどは下記の通り。

DSC – QX100

 ・サイズ:62,5 × 62,5 × 55,5mm(幅/高さ/奥行き)
 ・重さ:約179g(バッテリーやメモリースティック含む)
 ・その他:DSC-RX100M2と同じセンサーとレンズ


DSC – QX10

 ・サイズ:62,4 × 61,8 × 33,3mm(幅/高さ/奥行き)
 ・重さ:約105g(バッテリーやメモリースティック含む)
 ・その他:DSC-WX150と同じセンサーとレンズ


なお、この両レンズカメラは現地時間の9月4日に発表される予定です。

【関連エントリ】
 ・SONY、iPhoneなどに取り付け可能なレンズカメラ「DSC-QX10」と「DSC-QX100」を発売へ

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

Twitter で

「iPhone 7」「iPhone 7 Plus」の予約はこちら⇩

screativeref-1100l7121 2623622 2645522 bnr_au_200_200