Apple、開発者向けサイトのシステム状況ページを公開

Appleの開発者向けサイトがダウンしてからまもなく1週間が経とうとしていますが、本日、Appleが開発者に対してメールを送信しており、開発者向けサイトの各システムの現状を見る事が出来るシステム状況ページを新たに公開しています。

また、同社は最初に「Certificates」、「Identifiers & Profiles」、「Apple Developer Forums」、「Bug Reporter」、リリース前の開発者ライブラリ、動画を復旧させ、その次にソフトウェアダウンロードを復旧させる予定を明らかにしていますが、現時点で全面復旧がいつになるのかは明らかにされていません。

スポンサーリンク

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

Twitter で

この記事を書いた人

taisy0

新しいもの好き&ガジェット好きな30代。大学時代からWindows一筋だったものの、2005年9月に「Mac mini」を購入したのをきっかけにWindowsとMacのブログを書き始め、2013年に独自ドメインを取得し、出来る限り早く情報をお伝えする事を目標に毎日更新しています。
現在はWindows(Microsoft)とMac(Apple)だけでなく、気になるガジェットやウェブサービスに関する情報も発信しています。