次期iPadは「GF2」タッチスクリーン技術を採用へ

DigiTimesが、業界筋によると、次期iPadは現行と同じく2048×1536ピクセルのディスプレイを搭載する事になっているものの、より細いベゼルデザインになり、タッチ技術には「GF2(GF DITO)薄膜式」を採用するようだと報じています。


「GF2」タッチパネルを採用する事で、より薄く、より軽くする事が可能になるようで、タッチパネルに関してはTPKとGISが供給する模様。

また、次期iPadと次期iPad miniのRetinaディスプレイはLG DisplayとSamsung Displayとシャープが供給する事になっているものの、Appleは次期iPad miniに酸化物半導体TFTを採用するか、低温ポリシリコンTFTを採用するかをまだ決定していないようです。

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

Twitter で

「iPhone 7」「iPhone 7 Plus」の予約はこちら⇩

screativeref-1100l7121 2623622 2645522 bnr_au_200_200