Apple、「OS X 10.9」を今年後半にリリースか?! パワーユーザー機能の強化が特徴に?!

本日、9 to 5 Macが、情報筋によると、次期OS Xこと「OS X 10.9」は「Cabernet」というコードネームで呼ばれており、今年後半にリリースされるようだと報じています。

(image source:9 to 5 Mac)

「OS X 10.9」ではパワーユーザー機能が強化される他、iOSのコア機能が更に取り入れられ、タグ機能やタブブラウジングモードなどを搭載した新しい「Finder」アプリや、ページ読み込み、速度、効率化の改善の為に再設計された新しい「Safari」を搭載し、マルチモニター環境で各ディスプレイにフルスクリーンアプリを表示する機能が追加されるようです。

また、ユーザーインターフェイスについてはいくつか変更が加えられるものの大きな変更は行われず、以前に「OS X 10.9」の初期ビルドに搭載されているとの報告があった「Siri」に関しては、現時点で搭載されるのかは不明で、搭載されても全てのMacで利用可能になるのか、一部の最新モデルに制限されるのかも不明とのこと。

他にも、AppleはiOSのマルチタスキング機能に似たOS X向けの新しいマルチタスクシステムをテストしているとの情報もあるそうですが、こちらも「OS X 10.9」に搭載されるかはまだ不明で、更に今年後半に「Xcode 5.0」も発表されるものと予想されています。

【関連エントリ】
 ・Apple、「WWDC 2013」で「iOS 7」と「OS X 10.9」を発表へ
 ・Apple、「OS X 10.9」と「iOS 7」の社内テストを徐々に拡大か?!
 ・Apple、「OS X」への「Siri」統合を計画か?!
 ・「OS X 10.9」では「Siri」や「マップ」が統合される?!
 ・【噂】Apple、「OS X 10.9」のテストを開始??

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

Twitter で

「iPhone 7」「iPhone 7 Plus」の予約はこちら⇩

screativeref-1100l7121 2623622 2645522 bnr_au_200_200