Apple、マルウェア検出システムの定義ファイルをアップデートしトロイの木馬「Yontoo.1」に対応

昨日にユーザーが閲覧したWebページに広告を挿入してしまうOS X向けのトロイの木馬「Yontoo.1」が出回っているとの情報があったのですが、MacRumorsによると、Appleが早くもマルウェア検出システムの定義ファイルをアップデートし、「Yontoo.1」に対応した事が分かったそうです。


これで同トロイの木馬の被害に遭う心配はなくなりましたが、ITmediaによると、セキュリティ会社はOS Xを狙うアドウェアが2013年に入ってから増え続けている事を警告しており、今後も意識的に注意する事が必要と思われます。


この記事が気に入ったら
いいね!しよう

Twitter で

「iPhone 7」「iPhone 7 Plus」の予約はこちら⇩

screativeref-1100l7121 2623622 2645522 bnr_au_200_200