約60メートルからコンクリート上に落ちた「iPhone 4S」、無残な姿になるものの動作は問題なし

過去に高度13,500フィート(約4,000m)から落としてしまった「iPhone」や半年間水没していた「iPhone」が問題なく動作した事を紹介した事がありますが、Cult of Macによると、今度は「iPhone 4S」を200フィート(約60メートル)の高さからコンクリート上に落としてしまった人が現れたそうです。

その「iPhone」の写真が下記画像ですが、ディスプレイが割れ、ホームボタンがどこかへ飛んで行ってしまったものの問題なく動作し、メールを作成したり、Facebookを閲覧したり、写真撮影なども問題なく出来たそうです。


前述した約4,000mの高さに比べると約60mは低く感じますが…。

【関連エントリ】
 ・走っている車から滑り落ちても問題なく動作する「Surface」
 ・半年間水没していた「iPhone」が見事に起動
 ・上空13500フィートからビル屋上に落下しても動作した「iPhone 4」


この記事が気に入ったら
いいね!しよう

Twitter で

「iPhone 7」「iPhone 7 Plus」の予約はこちら⇩

screativeref-1100l7121 2623622 2645522 bnr_au_200_200