Adobe、無償公開した「Creative Suite 2」などの非正規ユーザーの利用は「ライセンス違反となり得る」と説明

今日未明よりAdobeが「Creative Suite 2」などの無料配布を開始したとお伝えしましたが、ITmediaによると、Adobeがこの件についてソフトの無償配布が目的ではなく、正規ライセンスを所有しているユーザー向け支援の一環であり、正規ライセンスを持たないユーザーの利用は「ライセンス違反となり得る」として注意を呼び掛けているそうです。


現在、ダウンロードページには下記の説明が追加されています。

2012年12月13日、アドビ システムズでは技術的な理由によりAdobe® Creative Suite® 2 製品およびAdobe® Acrobat® 7のアクティベーションサーバーを停止いたしました。
これらの製品は、7年以上前にリリースされたものであり、現在多くの方に利用されている主要なオペレーティングシステムでは動作いたしません。 しかしながら、旧来のオペレーティングシステム上で継続してCS2製品およびAcrobat 7を利用されるお客様に引き続きご利用いただけるよう、CS2およびAcrobat 7の正規ライセンスを所有されているお客様を対象として、アクティベーションサーバーを介在しないソフトウェアをアドビ システムズより直接提供させて頂いています。

弊社が不特定多数の皆様に対して無償でソフトウェアを提供することが目的ではございません。本措置は既存の正規ライセンスを所有されているお客様の利便性を損なわないための顧客支援の一環の措置であり、正規ライセンスを所有されていないお客様のご利用はライセンス違反となり得る旨、ご理解の上ご利用いただけますようお願い申し上げます。

【お詫び】
当初、Adobeが何も説明なく無償公開したものの、当方の早とちりでで無料配布とアナウンスし、その事が要因でダウンロードされた方も多数いらっしゃると思います。
誤った情報を拡散してしまった事、この場を借りてお詫び申し上げます。


(Thanks! K.Tさん)

【関連エントリ】
 ・【訂正】Adobe、「Creative Suite 2」などの無料配布を開始

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

Twitter で

「iPhone 7」「iPhone 7 Plus」の予約はこちら⇩

screativeref-1100l7121 2623622 2645522 bnr_au_200_200