Apple製品を集めたミュージアムがモスクワにあった

Cult of Macによると、ロシアのモスクワに個人がこれまでに集めたApple関連製品を展示している「Moscow Apple Museum」が存在しているそうです。


このミュージアムの運営者は46歳のコンピューターエンジニアであるAndrey Antonov氏で、大学卒業から数年後にロシアへApple製品を流通させる会社に就職し、その関係からApple製品を集めるようになり、一番最初のコレクションは「Macintosh SE」だったそうです。


なお、Cult of Macがその「Moscow Apple Museum」に展示されているコレクションの一部を撮影した写真をFlickrで公開していますので、是非どうぞ。

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

Twitter で