ソフトバンクの「スマホ下取りプログラム」で下取りして貰う場合は箱や付属品は不要

ソフトバンクは新規契約・機種変更で 4G/LTE 対応スマートフォンを購入したユーザーを対象にそれまで利用していたスマートフォンを下取りするプログラム「スマホ下取りプログラム」を発表していますが、本日、ソフトバンクの孫社長が、同プログラムを利用して下取りして貰う場合に、箱や付属品が不要である事をTwitterで明らかにしています。


【関連エントリ】
 ・ソフトバンク、「iPhone 4/4S」の下取り価格の値上げや「iPhone 3GS/3G」及び「Android端末」の下取りを発表

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

Twitter で