「iPhone 5」は1GBのメモリ(RAM)を搭載

MacRumorsによると、「iPhone 5」には1GBのメインメモリ(RAM)が搭載されている事がA6チップに記載されている部品ナンバーから明らかになったそうです。

A6チップには上記画像の通り「K3PE7E700F-XGC2」と印字されているのですが、Samsungの2012年版の製品ガイド(PDF)にも同じような型番のメモリが掲載されており、その型番からA6チップは1GBのメモリを搭載している事が確認出来るようです。

なお、「K3PE7E700F-XGC2」の各数字の意味ですが、まず”K3P”は32bitのデュアルチャネルLPDDR2を示しており、次に”E7E7″は2つの4Gb(512MB)×2=1GBを、最後の数字は1066MHzのクロック周波数を意味しているそうです。
(via. 9 to 5 Mac)

追 記

記事内での”メモリ”はメインメモリ(RAM)の事であり、補助記憶装置(フラッシュメモリ)の容量との区別を付ける為にタイトルや記事内容に一部追記させて頂きました。

スポンサーリンク

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

Twitter で

この記事を書いた人

taisy0

新しいもの好き&ガジェット好きな30代。大学時代からWindows一筋だったものの、2005年9月に「Mac mini」を購入したのをきっかけにWindowsとMacのブログを書き始め、2013年に独自ドメインを取得し、出来る限り早く情報をお伝えする事を目標に毎日更新しています。
現在はWindows(Microsoft)とMac(Apple)だけでなく、気になるガジェットやウェブサービスに関する情報も発信しています。