著名アナリストが2027年までの「iPhone」の望遠カメラの進化を予測

この記事にはアフィリエイト広告および広告が含まれています。
著名アナリストが2027年までの「iPhone」の望遠カメラの進化を予測

Apple関連の情報ではお馴染みのアナリストのMing-Chi Kuo氏が、今後の「iPhone」シリーズのカメラに関する情報を報告しています。

まず、「iPhone 16」シリーズでは、「iPhone 16 Pro/16 Pro Max」に以前から噂されている通り、「iPhone 15 Pro Max」と同じ仕様のテトラプリズムカメラが搭載されます。

次に、2025年に発売される「iPhone 17」のハイエンドモデルは、望遠カメラのイメージセンサーが「iPhone 16 Pro」シリーズの1/3.1インチ12MP CISから1/2.6インチ48MP CISに仕様変更され、アップグレードされたテトラプリズムカメラを搭載すると予想しており、このアップグレードにより写真画質とズーム機能が強化されます。

ただ、アップグレードされたテトラプリズムカメラが「iPhone 17 Pro Max」のみに搭載されるのかはまだ不明で、もしそうであれば「iPhone 18 Pro」にアップグレードされたテトラプリズムカメラが搭載されるとのこと。

更に、2027年に発売されるであろう「iPhone 19」では、テトラプリズムカメラが「iPhone 17」や「iPhone 18」よりもさらに大幅に改良され、より優れた光学ズームをサポートすると予想されています。



googlenewsバナー
記事をシェア!
  • URLをコピーしました!

コメント

コメントする

目次