Microsoft、中国の従業員に「iPhone」の使用を義務づけ ー 安全性対策を理由にAndroid端末を職場から締め出し

この記事にはアフィリエイト広告および広告が含まれています。
Microsoft、中国の従業員に「iPhone」の使用を義務づけ ー 安全性対策を理由にAndroid端末を職場から締め出し

Bloombergなどによると、Microsoftが、中国の従業員に対し、業務で使用するスマホとしてiPhoneの使用を義務づけることを通知したことが分かりました。

この施策は今年9月から実施される予定で、業務で使用するコンピューターや携帯電話にログインする際の本人確認をAppleの端末でのみ行うよう中国在勤の従業員に義務付ける方針。

これは世界的な安全性対策の一環で、中国本土の従業員数百人が対象となる模様。

中国ではGoogleの「Google Play」が利用できず、HUAWEIやXiaomiは独自のプラットフォームを運営していますが、Microsoftはこれらメーカーの端末からの社内情報へのアクセスをブロックすることを決定し、この施策の理由としてGoogleのモバイルサービスが利用出来ないことを挙げています。

現在、HUAWEIやXiaomiなどのAndroid端末を利用している従業員には「iPhone 15」が代わりに支給されるようです。



googlenewsバナー
記事をシェア!
  • URLをコピーしました!

コメント

コメントする

目次