「Google Pixel 9」シリーズは超音波式の指紋センサーを採用との情報 ー 指紋認証の速度や精度が改善か

この記事にはアフィリエイト広告および広告が含まれています。
「Google Pixel 9」シリーズは超音波式の指紋センサーを採用との情報 ー 指紋認証の速度や精度が改善か

Googleは現地時間8月13日に開催する発表イベントで「Pixel 9」シリーズを発表する見込みですが、その「Pixel 9」シリーズには超音波式の指紋センサーが搭載されるとの情報が出て来ました。

これはAndroid Authorityが報じたもので、この情報が正しければ「Pixel」シリーズの長年の不満点の1つだった画面内蔵型指紋センサーの動作速度や信頼性が改善されるかもしれません。

同サイトの情報筋によると、Googleは「Pixel 9」シリーズに超音波式の指紋センサーを採用する予定で、搭載される具体的なユニットはQualcommの「3D Sonic Gen 2 (QFS4008)」で、Samsungの「Galaxy S24 Ultra」に搭載されている指紋センサーと全く同じ製品になるとのこと。

これまでの「Pixel」シリーズには光学式の指紋センサーが搭載されていますが、光学式は一般的に速度が遅く、正確性に欠け、指についた水分や汚れに敏感なところがあり、超音波式は指に直接超音波を当てて跳ね返りの強度で指紋を検出する仕組みで、指紋の凸凹を斜めからもスキャンすることができるため、より立体的に指紋を取得でき、精度が高くなります。

なお、この超音波式の指紋センサーは、引き続き電源ボタンに指紋センサーが搭載される折りたたみ式スマホの「Pixel 9 Fold」を除く「Pixel 9」「Pixel 9 Pro」「Pixel 9 Pro XL」に搭載されるそうです。



googlenewsバナー
記事をシェア!
  • URLをコピーしました!

コメント

コメントする

目次