Anker、USB-Cケーブル内蔵で合計出力最大87Wの超大容量モバイルバッテリーを発売

この記事にはアフィリエイト広告および広告が含まれています。
Anker、USB-Cケーブル内蔵で合計出力最大87Wの超大容量モバイルバッテリーを発売

Ankerが、大容量の新型モバイルバッテリー「Anker Power Bank (20000mAh, 87W, Built-In USB-C ケーブル)」を発売しました。

「Anker Power Bank (20000mAh, 87W, Built-In USB-C ケーブル)」は、20000mAhの超大容量で「iPhone 15」を約4回、「Galaxy S24」を3回以上満充電でき、USB-Cケーブルが内蔵されている為、バッテリー本体を充電したり、各種デバイスを充電するのに別途ケーブルを持ち歩く必要がありません。

また、USB-AポートとUSB PD対応のUSB-Cポートの2つのポートも搭載しており、USB-Cポートは最大65Wの高出力に対応し、ノートPCにも充電が可能。USB-Aポートの出力は最大22.5Wで、複数ポート使用時の合計出力は最大87Wとなっています。

本体サイズは約158×74×26㎜、重さは430gで、カラーラインナップはブラック、ホワイト、パープルで、パープスは順次発売予定となります。

なお、発売を記念し、ブラックとホワイトの2色合計3,800個限定で20%オフの6,390円(税込)で販売されています。

Anker Power Bank (20000mAh, 87W, Built-In USB-C ケーブル) – Amazon



googlenewsバナー
記事をシェア!
  • URLをコピーしました!

コメント

コメントする

目次