OperaがARM版Windowsをネイティブサポート ー 正式版が公開

この記事にはアフィリエイト広告および広告が含まれています。
OperaがARM版Windowsをネイティブサポート ー 正式版が公開

Webブラウザの「Opera」が、ARM版Windowsこと「Windows on ARM」にネイティブサポートしたバージョンを正式にリリースしました。

同社は先月に「Windows on ARM」をネイティブサポートすることを発表し、Developerビルドでテストが行われてきましたが、正式リリースに至りました。

ネイティブ対応により、これまでのエミュレートされたバージョンからパフォーマンスが2倍以上になり、エネルギー効率も改善します。

まもなくQualcommのSnapdragon X Elite/Plusを搭載した「Surface Pro(第11世代)」や「Surface Laptop(第7世代)」が発売される他、各社からも続々とSnapdragon X Elite/Plus搭載PCが発売される為、それにギリギリ間に合った形。

なお、ダウンロードは下記リンク先より可能です。

Opera One for Windows on ARM – Opera



googlenewsバナー
記事をシェア!
  • URLをコピーしました!

コメント

コメントする

目次