Google、「Pixel 8」の延長修理プログラムを発表 ー ディスプレイに縦線やちらつきが発生

この記事にはアフィリエイト広告および広告が含まれています。
Google、「Pixel 8」の延長修理プログラムを発表 ー ディスプレイに縦線やちらつきが発生

本日、Googleが、「Pixel 8」のディスプレイに縦線やちらつきが発生する可能性があるとして、延長修理プログラムを発表しました。

「Pixel 8」を利用するユーザーで、下記の問題が発生した場合に延長修理プログラムの対象になるとのこと。通常の保証期間は購入から1年間ですが、延長修理プトグラムでは対象となる「Pixel 8」の購入日から3年間がサポート期間となっています。

  • ディスプレイの下部から上部にかけて縦線が表示される、またはディスプレイがちらつく
  • Googleまたは認定修理パートナーが本プログラムの対象と判断した端末識別番号(IMEI、シリアル番号など)のデバイスを持っているユーザー

また、延長修理プログラムの対象外であるにも関わらず、同様のディスプレイやその他の問題が発生している場合は、Googleの限定保証の対象となる場合があるとのことで、ヘルプセンターを閲覧するか、Pixelコミュニティにアクセスするか、X(旧 Twitter)アカウント「@MadeByGoogle」に質問して欲しいと案内しています。

現時点で日本での発表はまだですが、上記のような問題が発生した場合はサポートに連絡してみることをオススメします。



googlenewsバナー
記事をシェア!
  • URLをコピーしました!

コメント

コメントする

目次