「Pixel Watch 2」のコードネームが明らかに ー 現行モデルと同様のデザイン採用も示唆

この記事にはアフィリエイト広告および広告が含まれています。
「Pixel Watch 2」のコードネームが明らかに ー 現行モデルと同様のデザイン採用も示唆
画像はPixel Watch

Googleは今秋にもスマートウォッチ「Pixel Watch」の次期モデル「Pixel Watch 2」を投入すると噂されていますが、9To5Googleによると、「Google」アプリのベータ版のシステムファイルを調査した結果、「Pixel Watch 2」のコードネームなどの情報が明らかになりました。

「Pixel Watch 2」のコードネームは「Eos (エオス)」で、他にも「Aurora (アウローラ)」と呼ばれる別のコードネームも見つかったそうです。

「Eos」も「Aurora」もギリシャ神話の女神の名前であることから、どちらも「Pixel Watch 2」のもので、どちらかがWi-Fiモデル、もう片方がセルラーモデルとみられています。

これら情報は、Googleアシスタントとボイスマッチの設定に結びついたもので、同機能に関連した「Pixel Watch 2」向けのアニメーションとテキストは現行の「Pixel Watch」と同じものを使用しているそうです。このことからは、アニメーションなどが「Pixel Watch 2」に合わせて更新されていないだけか、「Pixel Watch 2」のデザインが「Pixel Watch」に似ていることからそのまま利用する為の2通りの可能性が指摘されています。

なお、「Pixel Watch 2」のデザインについてはまだ良く分かっていないものの、「Pixel Watch」向けのバンドをそのまま利用したいのは間違いないことから、デザインは大幅に変更されないものと予想されています。



googlenewsバナー
記事をシェア!
  • URLをコピーしました!
目次