「watchOS 9.5」にアップデートした後にApple Watchの画面が緑がかった色になる問題が報告される

この記事にはアフィリエイト広告および広告が含まれています。
「watchOS 9.5」にアップデートした後にApple Watchの画面が緑がかった色になる問題が報告される

MacRumorsによると、先日にリリースされた「watchOS 9.5」にアップデートした一部のApple Watchユーザーから、ディスプレイが緑がかった色になる問題が報告されていることが分かりました。

これは同サイトのフォーラムやRedditで報告されており、この問題はApple Watch Series 8以前のデバイスで発生しており、パスコード入力画面、コントロールセンターへのアクセス時、通知のプルダウン時などに画面が緑がかった色になるとのことで、Apple Watch SEとApple Watch Ultraではあまり報告されていないようです。

原因は不明で、修正方法も明らかになっていないのですが、「watchOS 9.5」にアップデートした後から発生している為、ソフトウェアに何らかの問題があることが予想されます。

一部では再起動したら消えたというユーザーもいるものの、直らない場合もあり、Apple側のソフトウェアアップデートを待つしかなさそうです。



googlenewsバナー
記事をシェア!
  • URLをコピーしました!
目次