楽天モバイル、au回線ローミングでKDDIと新たな協定を締結 − 3大都市圏の繁華街も対象へ

この記事にはアフィリエイト広告および広告が含まれています。
楽天モバイル、au回線ローミングでKDDIと新たな協定を締結 − 3大都市圏の繁華街も対象へ

本日、KDDIと楽天モバイルが、2023年4月に新たなローミング協定を締結したことを発表しました。

KDDIは楽天モバイルが提供する4Gサービスの立ち上げに際して、2026年3月末までを期限としてauネットワークのローミング提供を行っています。

また、楽天モバイルは2020年4月のサービス本格開始以降、楽天回線エリアを順次拡大し、4G人口カバー率が98%に到達したことから、ローミング協定の見直しを協議した結果、今回の新たなローミング協定を締結するに至ったそうです。

新協定では、これまでローミングに含まれなかった東京都23区・名古屋市・大阪市を含む都市部の一部繁華街のエリアを新たな対象とし、一部インドア (地下鉄、地下街、トンネル、屋内施設など) やルーラルエリアも引き続きローミング提供することに合意したとのこと。

なお、新協定は2023年6月から開始され、提供期間は2026年9月まで延長されます。

ニュースリリース



googlenewsバナー
記事をシェア!
  • URLをコピーしました!
目次