セガ、「Angry Birds」の開発元であるRovioを買収

この記事にはアフィリエイト広告および広告が含まれています。
セガ、「Angry Birds」の開発元であるRovioを買収

本日、セガが、スマートフォンゲーム「Angry Birds」などを提供するフィンランドのRovio Entertainment Oyjを買収すると発表しました。

買収の噂は数日前から流れていましたが、本日正式に発表され、買収はセガの完全子会社であるSEGA Europe Limitedを通じて行われ、買収総額は7.06億ユーロ(約1,037億円)となります。

セガは、買収の理由として「グローバルゲーム市場において同社のプレゼンスを高めるために、継続的なゲーム開発体制と運営力の強化が必要不可欠と判断した為」と明らかにしており、Rovio社を買収することにより、Rovio社の有する運営型モバイルゲームの開発能力及び運営ノウハウを獲得し、セガの既存IPのモバイルゲーム化・マルチプラットフォーム対応を促進することで、セガのゲームポートフォリオを強化し、グ
ローバル展開をこれまで以上に加速するとのこと。

なお、買収完了は2024年3月期第2四半期になる予定です。

・プレスリリース(PDF)



googlenewsバナー
記事をシェア!
  • URLをコピーしました!
目次