Nothingの新型ワイヤレスイヤホン「Ear (2)」はハイレゾ対応で、耐水性も向上

この記事にはアフィリエイト広告および広告が含まれています。
Nothingの新型ワイヤレスイヤホン「Ear (2)」はハイレゾ対応で、耐水性も向上

Nothingは3月23日に新型ワイヤレスイヤホン「Ear (2)」を発表予定ですが、本日、Nothingが「Ear (2)」の開発工程や一部機能に情報を公開しています。

「Ear (2)」では、開発に携わる人員が増員され、「Ear (1)」と比較して30%増員し、700人以上の専門家が携わっている他、よりスムーズなシステム安定性を実現するために互換性テストが強化され、「Ear (1)」では70台のデバイスでテストしていたものの、「Ear (2)」では120台以上のスマホやラップトップでテストしたとのこと。

また、接続性を改善する為に、Bluetooth機能のテスト時間も増え、1000時間を超えるテスト時間の中で2回異常が発生した場合はその機能が不安定であると判断し、完璧な状態になるよう作り直したそうです。

さらに、成形工程も改良し、高級感や耐水性が向上しており、「Ear (1)」はIP53だったものの、「Ear (2)」はIPX4となった他、LHDC 5.0ストリーミングに対応し、ハイレゾオーディオ認証を受けていることが明らかにされました。



googlenewsバナー
記事をシェア!
  • URLをコピーしました!
目次