TikTok、18歳未満の視聴時間を1日60分に制限

この記事にはアフィリエイト広告および広告が含まれています。
TikTok、18歳未満の視聴時間を1日60分に制限

本日、ショート動画サービス「TikTok」が、10代の子どもたちとその保護者のための新機能を発表し、18歳未満(13歳以上)のユーザーが所有するすべてのアカウントに対し、1日60分の視聴時間制限を行うことを明らかにしました。

視聴時間の「適切な」時間や、視聴時間が与える影響について、組織として明確な見解はないものの、TikTokは最新の学術研究とボストン小児病院のデジタルウェルネスラボの専門家と議論を重ね、制限内容を決定したとのことで、60分の制限時間に達した際、視聴を続けるためにはパスコードの入力が求められることにより、18歳未満のユーザーは時間を延長するかの判断をすることとなります。

この制限は今後数週間のうちに実施され、当該アカウントに自動的に設定されます。

また、18歳未満のユーザーが60分のデフォルト設定を解除し、1日に100分以上TikTokを利用した場合、1日のスクリーンタイム制限を設定するよう通知が送られるようにもなる他、すべての18歳未満のユーザーのアカウントに、視聴時間を振り返る通知を毎週送信するとのこと。

TikTok、18歳未満の視聴時間を1日60分に制限

さらに、保護者向けのペアレンタルコントロール機能も追加され、1日の視聴時間の制限を調整(曜日ごとに変化させることも可能)や、視聴時間や開いた回数、日中と夜間の合計視聴時間を表示するスクリーンタイムダッシュボード機能、特定の時間帯にプッシュ通知を受信しないように設定できる通知のミュート機能などが利用可能になります。

ニュースリリース



googlenewsバナー
記事をシェア!
  • URLをコピーしました!
目次