Microsoft、任天堂プラットフォームへの「Call of Duty」シリーズ提供で正式に合意 ー 今後10年間提供へ

この記事にはアフィリエイト広告および広告が含まれています。
Microsoft、任天堂プラットフォームへの「Call of Duty」シリーズ提供で正式に合意 ー 今後10年間提供へ

本日、Microsoftが、人気FPSゲーム「Call of Duty」シリーズのタイトルを今後10年間にわたって任天堂プラットフォームに提供する契約を任天堂と締結したとを発表しました。

これは同社のブラッド・スミス氏がTwittetで発表したもので、任天堂プラットフォームに提供される「Call of Duty」シリーズは、Xbox版と同時に発売され、同じ機能やコンテンツが収録されます。

これにより、任天堂のユーザーはXboxやPlayStationのユーザーと同じように同シリーズ作品を楽しめるようになるとのこと。

なお、ブラッド・スミス氏は、今回の動きはXboxコンソール向け作品や「Call of Duty」などのActivisionタイトルをより多くのプラットフォームで提供するという、同社の取り組みの一環に過ぎないともコメントしています。

https://twitter.com/BradSmi/status/1627926790172811264


googlenewsバナー
記事をシェア!
  • URLをコピーしました!
目次