ソニー、耳をふさがないオフイヤーヘッドホン「Float Run」を2月3日に発売 ー 2年前に限定販売した「WI-OE600」の製品版

本日、ソニーが、耳の前にスピーカーが浮くユニークなデザインのオフイヤーヘッドホン『Float Run』を2月3日より発売することを発表しました。

「Float Run」は、2021年にクラウドファインディングで資金を募集して今夏に日本とアメリカでのみ限定販売されたオフイヤーヘッドホン「WI-OE600」を正式に製品化したもので、耳をふさがない構造のヘッドホンのため、周囲の音を自然に聞きながら、音楽などのエンタテインメントを楽しめ、耳の前に浮いたスピーカーから音が流れるため圧迫感や振動がなく、違和感や疲れの少ない音楽視聴が可能なモデル。

イヤーハンガー(耳にかける部分)を含めた本体設計に、耳や頭部などのさまざまな身体データを活用しており、誰にでもフィットしやすいデザインを実現し、長時間の使用でも快適に装着することができる他、電池や基板などの電気部品を耳の後ろ側に配置することで重心の位置を調整しており、激しく動いても安定した装着が可能です。

音質面では、直径16mm大口径ダイナミック型ドライバーユニットを採用し、低音から高音までバランスの良い高音質を楽しめ、IPX4相当の防滴性能や約33gの軽量設計など、特にランニングでの使用に適した仕様を実現しているのが特徴です。

バッテリー駆動時間は最大約10時間の連続音楽再生で、約10分間の充電で約60分間の再生が可能な急速充電にも対応しています。

なお、価格はオープン価格ですが、2万円前後とみられており、2月3日に発売予定です。

プレスリリース
公式サイト

ソニーの新型ワイヤレスヘッドセット「YY2978」がFCCを通過 − 限定生産されたオフイヤーヘッドホン「WI-OE600」の量産モデルか

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 が付いている欄は必須項目です