Microsoft、Intelの新型プロセッサ「Alder Lake N」を搭載した「Surface Laptop SE 2」を準備中か

(現行のSurface Laptop SE)

Microsoftはちょうど1年前の2022年1月に教育機関向けの「Surface」として「Surface Laptop SE」を発売しましたが、Windows CentralのZac Bowden氏が、「Surface Laptop SE」の次期モデルである「Surface Laptop SE 2」に関する情報をTwitterで明らかにしています。

同氏によると、Intelの新しいプロセッサ「Alder Lake N」を搭載した「Surface Laptop SE 2」が準備されているとのこと。

同氏はそれ以上の詳細を明らかにしていませんが、「Alder Lake N」は高効率コアのEコアのみで構成されたプロセッサになるとみられており、そのうちの1つである「Intel N95」は4コア4スレッド、動作周波数は1.7GHz〜3.1GHzになるとみられています。

現行の「Surface Laptop SE」は、Intelの「Celeron N4120/4020」プロセッサや「Windows 11」の教育専用エディション「Windows 11 SE」を搭載し、価格は30,580円からとなっています。

次期Surface Proの情報も

同氏は次期Surface Proこと「Surface Pro 10」に関する予測も回答しており、「Surface Pro」シリーズは2017年以降は毎年モデルチェンジが行われている為、2023年秋に「Surface Pro 10」が発売される可能性が高いと予想しています。

米Microsoft、学校向けに「Surface Laptop SE」を販売開始

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 が付いている欄は必須項目です