NTTドコモ、5G対応モバイルWi-Fiルーター「Wi‐Fi STATION SH-54C」を1月16日に発売へ

本日、NTTドコモが、5G SA(Stand Alone)対応で、受信時最大4.9Gbpsでの通信が可能なドコモ史上最速ルーター「Wi‐Fi STATION SH-54C」を2023年1月16日に発売すると発表しました。

本製品は、5G SA(Stand Alone)対応で受信時最大4.9Gbpsでの大容量データの高速通信が可能な他、4G(LTE)環境でもドコモのモバイルルーター史上最速受信時1.7Gbpsの通信速度を実現しています。

また、5G SA ミリ波対応で送信時も最大1.1Gbpsと超高速通信が可能で、4K/8Kの高精細映像もリアルタイムで送信可能な他、最新の無線LAN規格Wi-Fi6対応や高速有線LAN接続に対応するUSB-Ether変換ケーブルを同梱し、有線LANケーブルを用いた通信なども可能となっています。

さらに、ディスプレイに表示されるQRコードをスマホのカメラで読み込むだけで接続することが出来る他、WPS接続にも対応しているため、ボタン一つで簡単に接続でき、長時間利用可能な4000mAhの大容量バッテリーを搭載しているのが特徴です。

なお、価格は96,800円で、12〜36回での分割払いも可能で、本日より事前予約受付が開始されています。(ドコモオンラインショップでの事前購入受付開始日は1月13日)

ドコモオンラインショップ
ニュースリリース

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。