SwitchBot、Matter対応の新型ハブ「SwitchBot Hub 2」を発表

スマートホームメーカーのSwitchBotが、開催中の「CES 2023」において、新製品「SwitchBot Hub 2」を発表しました。

「SwitchBot Hub 2」は、「SwitchBot ハブプラス」と「SwitchBot ハブミニ」の後継モデルで、赤外線リモコン機能に加え、光センサーや温湿度計機能を搭載しています。

また、スマートホームの標準規格「Matter」にも対応したWi-FiベースのMatterハブであることから、同社のBluetooth製品をMatter対応にすることができ、「SwitchBot Hub 2」に接続したBluetooth製品をMatter経由でAppleの「ホーム」アプリなどでコントロール出来るようになり、「SwitchBot Hub 2」の温湿度計機能を利用してAppleの「ホーム」アプリで温度や湿度を確認することも可能です。

なお、「SwitchBot Hub 2」は2月下旬に発売予定で、さらに、「SwitchBot カーテン」も2月下旬以降にアップデートでMatterに正式対応する予定で、その他の製品も年内に順次対応予定とのこと。

SwitchBot – Amazon

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 が付いている欄は必須項目です