FoxconnとNVIDIA、自動化および自動運転の車両プラットフォーム開発で戦略的パートナーシップを発表

本日、FoxconnとNVIDIAが、開催中の「CES 2023」において、自動化および自動運転の車両プラットフォームを開発するための戦略的パートナーシップを発表しました。

提携の一環として、Foxconnは世界の自動車市場向けに NVIDIA DRIVE Orinをベースにした電子制御ユニット(ECU)を製造するティア1メーカーとなり、Foxconnが製造する電気自動車(EV)には高度に自動化された運転機能を実現するDRIVE Orin ECUとDRIVE Hyperionセンサーが搭載されます。

自動車グレードのNVIDIA DRIVE Orin システム オン チップは、毎秒最大254兆回の演算を実現し、自動運転車で同時に実行される多数のアプリケーションとディープニューラル ネットワークを処理するように設計されており、NVIDIA DRIVE Hyperionは、自動運転車を設計するためのモジュール式の開発プラットフォームおよびリファレンスアーキテクチャで、これらを組み合わせることで、車両の脳および中枢神経系として機能し、膨大な量のセンサー データをリアルタイムで処理して、自動運転車が安全に認識、計画、および走行できるようになります。

多くの輸送業界のリーダーがインテリジェントな車両にDRIVE Orinを選択しているとのことで、今回の2社のパートナーシップにより、NVIDIAは自動車分野における取り組みをさらに拡大し、高まる業界の需要に応えることができ、DRIVE Hyperion認定センサーセットでEVを構築することにより、Foxconnは市場投入までの時間とコストを削減する戦略を加速することが出来るようになるとのこと。

ニュースリリース

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 が付いている欄は必須項目です